新約聖書の写本、新約聖書が書かれた年代

仮に聖書はクリスチャンが主張するような神の言葉であったにせよ、聖書の原本が消滅してしまっている今日、その原本に書かれた内容を知ることができるのでしょうか? 聖書は人の手によって、数千年に渡り、伝達されてきましたが、その間にその内容が変わってしまったということはないのでしょうか?
1.新約聖書は50年代から90年代後半にかけて書かれました。

紀元前4年 イエス・キリスト生誕
紀元27年 イエス・キリストはパレスチナの地で宣教し始める
紀元30年 イエス・キリストは十字架上で死ぬ
紀元50−60年 パウロが諸教会に手紙を書き送る
紀元60―70年 福音書(マタイ、マルコ、ルカによる福音書)が書かれる
紀元90年 ヨハネによる福音書と黙示録が書かれる

これらの原本(オリジナル)は現存していません。それではどのようにして、今私たちが手にしている聖書が、最初に書かれたものと同じ信頼できる文献だと思えるのでしょうか。まず写本について考えてみましょう。

新約聖書の写本

1.現存する写本 ここでいう写本とは、手書きによって写されたものの中でも、原語(ギリシャ語)の写本のことです。新約聖書の原本はおそらく、一世紀の後半にパピルスに書かれたものと思われます。その原本は現在知られている限りでは全て消滅していますが、5、000以上の写本が現存しています。写本には二種類あり、大文字の活字体で書かれたものもの(ウンシャル)と小文字の筆記体で書かれたもの(カーシィヴ)があります。大文字で書かれたものは9世紀以前のものであり、写本としては小文字のものよりも貴重です。5、000ほどの写本のうち、約300が大文字のものです。

2.他の古代の書物の写本との比較 歴史的な文書の信頼性を調べる際にその基準となる主な2点は、現存する写本が信頼できるものかどうか、また、原本が書かれた時とそれらの写本が書かれた時までの期間の長さがどれだけのものかということです。下記は、古代の書物の写本と新約聖書の写本の比較です。

アリストテレス(書かれた年代 紀元前384ー322年、最古の写本の年代 紀元1100年、原本と写本の間の年数 1,400年、写本の数 49)

ホーマ (書かれた年代 紀元前900年、最古の写本の年代 紀元前400年、原本と写本の間の年数 500年、写本の数 643)

プラトン(書かれた年代 紀元前427-347年、最古の写本の年代 紀元900年、原本と写本の間の年数 1,200年、写本の数 7)

タキトウス(書かれた年代 紀元100年、最古の写本の年代 紀元1100年、原本と写本の間の年数 1,100年、写本の数 20)

スエトニウス(書かれた年代 紀元75-160年、 最古の写本の年代 紀元950年、原本と写本の間の年数 800年、写本の数 8)

ヘロドトス(書かれた年代 紀元前480-425年、最古の写本の年代 紀元900年、 原本と写本の間の年数 1,300年、写本の数 8)

新約聖書(書かれた年代 紀元50-100年、最古の写本の年代 紀元125年、原本と写本の間の年数 25年、写本の数 5,000)

(「判決を要求する証拠」、ジョシュ・マクドウェル著、Here's Life Publishers,Inc.、1979、42〜43ページから)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample