聖書の信憑性と起源

聖書の矛盾ー間違い?を検証するために、聖書の起源と信憑性について考えてみましょう。聖書を信じない方に「聖書は、、、、言っているから正しい」と言っても無意味な事だと思います。むしろ、歴史的に正しい書物なのかを、クリスチャン以外の歴史家の証言や考古学からの研究を交えて吟味して見ましょう。さらに聖書がいつ頃から書かれ、どのように伝承されていったかも考えながら聖書の矛盾ー間違い?について検証します。
 聖書学は科学的学問です。検証分析を重ねながら聖書の真理を求める学問です。聖書の信憑性も例外ではありません。聖書が果たして真理に値する書なのかを科学的分析をしていきます。このページでは、そのほんの一部を紹介します。

(1)聖書:一書物としての検証 (いつ頃書かれたのか、原本はあるのか)

(2)考古学・同時代の文献からの検証 (聖書が歴史的信憑性を持っている裏付けはあるのか)

旧約聖書は信頼できる書物か

考古学の発見 

(ギルガメシュの叙事詩、エブラ王宮の図書館、ヌジの粘土板、モアブの石碑)

新約聖書は信頼できる書物か

新約聖書が書かれた年代と写本

新約聖書の批評学

初代クリスチャンと古代歴史家の証言

現代歴史家の証言

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample