知恵の初め

「失敗は成功の元」と言われるように、人は失敗や過ちから学び徐々に賢い人間になっていくようです。しかし、そのような多くの失敗をして遠回りしなくても賢くなる方法があります。それは創造主なる神を畏れ敬う信仰から始まります。

これは知恵と諭しをわきまえ/分別ある言葉を理解するため 諭しを受け入れて/正義と裁きと公平に目覚めるため。未熟な者に熟慮を教え/若者に知識と慎重さを与えるため。これに聞き従えば、賢人もなお説得力を加え/聡明な人も指導力を増すであろう。また、格言、寓話/賢人らの言葉と謎を理解するため。主を畏れることは知恵の初め。無知な者は知恵をも諭しをも侮る。(箴言1章2節ー7節)

私たち人間は、創造主なる神によって創造され造られたのです。自然にあるものはすべて神の被造物ですが、人間は神の特別な作品ともいえます。神は私たちを造ってくださったデザイナーにも例えられるでしょう。

神が人間に与える知恵は人生の真理です。「それには一理あるな」という表現がありますが、その一理とは真理のうちの10分の1の真理と考えられるでしょう。しかし、神の知恵、人生の真理は10分の10、つまり100%の真理です。外れることなどありません。

遠い昔、ギリシャの哲学者たち(ソクラテス、プラトン、アリストテレス)や宗教家たち(仏陀、モハメッド、親鸞、日蓮)が捜し求めても見つけることが出来なかったものです。その永遠の知恵は今、あなたの下に届いているのです。

創造主なる神を畏れ敬う、これがはじめの一歩です。神を信じキリストを信じてみましょう。そして、心静かに創造主なる神に祈ってみましょう。たとえ、あなたがクリスチャンではなくても、本当に心からあなたが神の知恵、真理を求めていれば祈りは聞かれ、あなたは神の永遠の真理へと導かれるでしょう。

今日も素晴らしい日、神の愛に満たされた日でありますように。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample