悪に支配された世の中ー広島LINE殺人事件


「広島LINE殺人事件」ーテレビの刑事ドラマのタイトル?のように聞こえますが、3週間ほど前に起きた事件です。広島や鳥取に住む10代の子供たちがLINEを通して知り合い殺人事件に至ったということです。耳を疑うような事件ですが、この世は悪い霊によって支配されているという事実が改めて明らかになります。

さて、あなたがたは、以前は自分の過ちと罪のために死んでいたのです。 この世を支配する者、かの空中に勢力を持つ者、すなわち、不従順な者たちの内に今も働く霊に従い、過ちと罪を犯して歩んでいました。わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。(エペソ2章1節ー3節)

この世を支配する者とは誰を指しているのでしょうか。もちろん政治家ではありませんね。悪い霊的な力を持っている悪魔(サタン)を指しているのです。人々は、悪魔の霊、悪霊によってだまされ操られ、自分の欲望の奴隷になっているのです。悪魔は人々を混乱の渦の中に巻き込まれていきます。混迷の中にいる人間たちは、ますます迷いお互いを理解関係の相手としか考えないようになり、お互いを傷つけあっていくようになるのです。この関係は大人だけの世界ではありません。

この事件に関係した10代の子供たちはこれからどのような人生を送っていくのでしょうか。おそらく少年院や更正するための施設に送られてそこで青春時代を過ごすのでしょう。悪霊はこの子供たちをさらに迷路の道へと導いていくでしょう。そして、さらに同じような事件を起こす子供たち、青少年を犯罪の渦へと巻き込んでいくのです。この悪のサイクルは、たゆまなく続きます。来年の今頃はもっと驚愕するような事件が起きているかもしれません。さらに、あなた自身があるいは私自身が犯罪被害者になっているかもしれないのです。

神の支配から離れた人間は、その事実を知っていながら何も出来ないでいるのではないでしょうか。この子供たちの親も親戚も社会も、この子供たちをどのように助けていいのか分からないで、ただ見守るしかないのでしょうか。この子供たちを悪霊から救う唯一の道は、イエス・キリストを信じ神を信じることです。この子供たちが、悪の道から一人でも救われるように祈るばかりです。
今日も素晴らしい日であります様に。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample