聖書的視点 「ストーカー、引きこもり」

ストーカー、引きこもりが社会現象としていわれて久しいですが、なぜ増加したのか社会学的には非常に興味深いところです。ストーカーは、感情、行動が外に向けられ特定の人を追いかけまわします。一方、引きこもりは、感情、行動が内に向けられ自分を追いかけているともいえましょうか。いずれにせよ、このような心は、この世に住む悪の力(悪魔)によって影響されているのです。残念ながら本人自身も周りの家族も友人も見えない悪の力には気づきません。悪の力の鎖につながれ支配されている奴隷状態です。この奴隷状態から抜け出すには、医学的な薬を使った化学療法も必要な場合もあるでしょう。しかし、わたしは、根本的にこの悪魔の力から人々を救い出してくれるのはイエス・キリストだと信じています。

イエスは、御自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「わたしの言葉にとどまるならば、あなたたちは本当にわたしの弟子である。あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」 すると、彼らは言った。「わたしたちはアブラハムの子孫です。今までだれかの奴隷になったことはありません。『あなたたちは自由になる』とどうして言われるのですか。」 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。罪を犯す者はだれでも罪の奴隷である。奴隷は家にいつまでもいるわけにはいかないが、子はいつまでもいる。 だから、もし子があなたたちを自由にすれば、あなたたちは本当に自由になる。(ヨハネ8章31節ー36節)

キリストを知る、その教えを知る、理解する、実践することによって、私たち人間は本当に自由になれると言っています。ある思いや考えが自分の頭にまとわりついて離れないのような事が、ストーカーや引きこもりの方々には起こるのです。しかし、悪の呪縛もキリストを知ってなくなるのです。信じがたいと思われるかもしれませんが、これは本当であり真実です。キリストは「そんなに一人でがんばらなくていいよ。わたしについて来なさい。わたしがあなたの荷を負ってあげよう」と言ってくれています。全身に感じていた重荷がスーッとぬけていくような感じがします。キリストはいつも私たちに呼びかけています。耳では聞こえない声に気づきましょう。今日も素晴らしい日でありますように。

2014年7月11日(木)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample