聖書は語るー友達について

「類は友を呼ぶ」と昔から言われます。学校では成績の良い子と成績の悪い子、一般社会では裕福な人と貧しい人、ホワイトカラー(事務系)とブルーカラー(肉体労働系)という風にグループ分けされます。どんな組織でも団体でも人が20名も集まればその中にサブグループが出来るものです。ゴルフをするほど余裕がある人と日々の生活で追い回されている人では、話題も違いますから当然話がかみ合わないでしょう。
私達が無意識にやってしまう友達選びは、私達の人生にとって非常に重要です。聖書には次のように書かれています。

鉄は鉄をもって研磨する。人はその友によって研磨される。(箴言27章17節)


「主に交われば赤くなる」と言われるように、人は悪い仲間といっしょにいれば自然と悪くなるでしょう。善良な人と付き合えば自然とよい影響を受けるものです。かと言ってクリスチャンは人を選り好みしたりしないように意識的に努力します。人の地位や名誉や見かけによって人を推し量ることはしないようにします。大切なのはその人の心です。本当の教会は、そんな貧富の差や社会的な地位の差を越えた共同体といえます。

人間は、普通、海の中にいるウニのようなところがあります。ウニは触ると痛いですね。自分を防衛するためにとがった所を持ちます。トゲのあることばを言ってしまうこともあるのです。しかし、人が人に磨かれる時、クリスチャンがクリスチャンによって磨かれる時、そのトゲは自然と落ちるのです。人間がまわるくなるのです。自分を敢えて守る必要はありません。キリストが守ってくださっているからです。

クリスチャンは、お互いに霊的に成長することを期待します。霊的な成長に貧富の差や社会的な地位は関係ありません。 お互いに成長を期待するから、お互いに磨きあうようになります。 そして、お互いに成長するから、励まされていく。お互いにイエス・キリストに目を向けているから、さらに成長していきます。貴方もこのような共同体に属してみませんか。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample