私に出来ること

人間が考えることは複雑怪奇です。少し動物と似ているところもあります。たとえば、ある人は、本当の自分よりも強がったり能力があるように見せたがります。(確かにこのような動物、昆虫はたくさんいます。弱肉強食の世界では、自己防衛のために必要な手段なのでしょう。)人間の世界でも似たようなところがありますが、人間は理性を持って創造されています。このような人は、嫌われることはあっても好かれることは少ないでしょう。このような人は自己顕示欲が強い人かもしれません。その逆に、自分はダメダメと思い込み、自分の殻に閉じこもる人もいますね。自己嫌悪、劣等感が強い人です。このような人は、ほとんどの場合この劣等感を封印してしまいます。嫌なことは考えないようにしているのかもしれません。
本人にしてみれば、それなりの理由がありそのような考え方、感情をもったり行動したりしているのですね。しかし、聖書の教えから言えば、どちらも不健康といえます。精神病の部類には入らないとは思いますが、多くの人たちは現在どちらかの部類に入っているか、または、生まれてから一度や二度どちらかの感情や気持ちを実体験してきているはずです。聖書は次のように言っています。

6:2 互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。
6:3 実際には何者でもないのに、自分をひとかどの者だと思う人がいるなら、その人は自分自身を欺いています。
6:4 各自で、自分の行いを吟味してみなさい。そうすれば、自分に対してだけは誇れるとしても、他人に対しては誇ることができないでしょう。
6:5 めいめいが、自分の重荷を担うべきです。
6:6 御言葉を教えてもらう人は、教えてくれる人と持ち物をすべて分かち合いなさい。
6:7 思い違いをしてはいけません。神は、人から侮られることはありません。人は、自分の蒔いたものを、また刈り取ることになるのです。
6:8 自分の肉に蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、霊に蒔く者は、霊から永遠の命を刈り取ります。
6:9 たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んでいれば、時が来て、実を刈り取ることになります。(ガラテヤ6章2節ー9節)

人は各々、自分自身を吟味して自分に出来ることをやっていくように求められています。これが自分自身の責任を果たすことになるのです。このプロセスにおいて、「偉そう、賢そう」にして自分自身を欺く必要はありません。人は、他人が自分より劣っていれば優越感にひたり「いい気分になってしまう」ものです。その逆に、自分が他人よりも劣っていれば劣等感に悩まされるでしょう。でも本来、人は他人と比べなくても自尊心はもてるのです。神によってユニークな存在として創造され、神によって愛され必要な能力が与えられているからです。創造主なる神に感謝して神を愛して礼拝しつつ、その能力を使うことが健全な人間になるための第一歩だと私は思います。

健康な人間とはどんな人間でしょうか。メタボは不健康の象徴ですが、不健康な人はそれ以外に大勢います。本当の意味で健康な人とは身も心も健全な人です。劣等感で満ちている人は健康な人とは言えませんね。聖書の教えによって健全な人生を歩む第一歩を踏み出してみませんか。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample