科学とは?

科学の定義
科学とは人間が自然社会(宇宙、地球、動植物、人間)を理解しようとするプロセスです。科学は観察する事から始まります。さらに重要な事は、科学的な仮説や法則は、不変ではありません。新しい発見が発見されたり、または可能性が考えられる時、法則はどんなに原則的なものでも常に吟味されるべきものです。この意味で、人間が自然社会をより正確に理解していくに従って、科学とは常に変化していくものです。

科学の重要性
科学によって人間は理性的、合理的に自然界を理解しようとします。人間は科学によって自然界を理解しまた医学という分野で人体について学びました。多くの人が現代医学によって恩恵を受けています。また時代は超スピード化の時代となり、何事にも便利になりました。この科学の恩恵をだれも否定する事は出来ないでしょう。私は科学を否定するものではありませんが、人間に限界があるように科学にも限界があることを次に述べてみましょう。

科学の限界 科学はすべてを証明するものではありません。たとえば、熱力学の法則は、自然科学の中でもっとも原則的なものでしょう。この法則が受け入れられるのは、これが証明されたからではありません。むしろそれ以外に、説明の仕様がないし、だれもそれ以外のことを観察をした事がないからです。事実、熱力学は非常に抽象的な概念(たとえば、宇宙に存在するすべてのエネルギーなど)を含んでいますから証明するのは不可能な事です。

重力または引力の法則は科学ではよく使われる法則です。この法則を数式で表すことは出来ます。引力の法則により、太陽系の中でまたそれ以上に飛行する事が可能になるのです。しかし、なぜ宇宙のある物体が他の物体とお互いに引き合っているのかは、私たちはわかりません。このように一般的に科学は、何がどんな状態になっているかを説明する事は出来ますが、なぜそれがそのような状態になっているのかを説明できません。

数学は、定義、原理、仮定で始まります。これらの事を敢えて私たちは証明しようとはしません。たとえば、「平行線は交わらない」と言ってみても、証明はしないのですし、絶対的な真理であるとも証明されていません。しかしこの「平行線は交わらない」という仮定から幾何学(Euclidean Geometry)が発達したのです。曲線状のスペースを考えた場合、必ずしも幾何学(Euclidean Geometry)はあてはまらないでしょう。このように、科学の世界でも「信じる」という事から始まっているのです。科学者の方も科学者でない方も、科学がある仮定を「信じる」という事から始まっているのを理解するべきだと思います。

たまねぎの皮をどんどんむいていくと、最後にはなくなってしまうでしょう。この世の自然界と宇宙は、ちょうど終わりのないたまねぎのようなものです。何か新しい発見をしても、それに関するまた新しい疑問が湧いてきます。
(Taken from "God, Are You Really There?" by Don England, 126-127)

結論 (聖書と進化論の関係)
神は天地万物を創造された神です。ゆえに天地万物すべてを支配しています。神は多く時代を超えて、それを聖書という形で人間たちに啓示したのです。一方、科学は人間が神によって創造された世界を組織的に理論的に理解しようとする試みです。もし聖書と進化論の間に真偽があるとすれば、私たちの聖書理解が間違っているか、または私たちの自然科学による理解が間違っているか、どちらかだと私は思います。
聖書解釈の原則も参考に。創造か進化論かについては、クリスチャンの3つの見解を参考に。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample