生命の起源

進化論者は、生命体を持っていない物質から段階的に生命が生まれたと主張しています。これは本当でしょうか。

実際のところわからないというのが事実ではないでしょうか。科学者も次のように認めています。

Harold Urey (1934年ノーベル賞受賞者、生命の起源の研究者)
生命の起源を学んだ者はすべて研究すればするほど、生命がどこか進化したと考えるには、あまりにも複雑すぎることに気づかされる。私たちは、信仰として生命がこの地上で進化したと信じている。しかし、その生命は極めて複雑に組織されており、実際に進化が起きたとは想定しにくいのである。(The Myth of Natural Origin、P43からの翻訳)


Francis Crick (1962年ノーベル賞受賞、DNAの発見)
生命の起源は、ほとんど奇跡である。というのも多くの条件を満たさなければいけないからである。(The Myth of Natural Origin、P43からの翻訳)

Dean Kenyon, (Biophysics、スタンフォード大学教授、サン・フランシスコ州立大学教授)は、進化論の研究者として多くの研究を重ね論文を書いてきました。その教授が、創造の方が科学的証拠に合致していると結論つけています。 プロの生物学者が進化論に基づく仮定と実験と観察を検証した場合、進化論というセオリーが極めて疑わしいと考えるだろう、と私は確信じている。さらに私は、科学的に適応した創造論の方が可能であるだろう。そればかりではなく、進化論より創造論の方がより良い結論だろうと思われる。(The Myth of Natural Origin、P121からの翻訳)
聖書解釈の原則も参考に。創造か進化論かについては、クリスチャンの3つの見解を参考に。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample