誤解されている聖書の名言

聖書には名言といわれる言葉が数え切れないほどあります。心の糧、心の拠り所になり、心に響く言葉です。HPには掲載しきれないほどあります。その中で誤解されている名言を解説します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「求めよ、さらば与えられん」

上記の言葉は、キリストの言葉でありマタイの福音書7章7節からの引用です。人生の教訓、成功するための秘訣として諺のように使われたりもします。「やる気になれば何でも出来る。だからひたすら求めなさい。道は必ず開かれる」のように解釈されます。しかし、その意味はまったく誤解されています。その文脈を理解するためにその全文を読んでみましょう。

「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。 あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。(マタイ7章7節ー11節)

キリストは誰に求めなさいと教えているのでしょうか。天にいらっしゃる父なる神に求めなさいと言っているのです。天にいらっしゃる神は、わたしたち人間が恵みを求める対象です。神を心から信じる信仰によって求めるのです。求めれば何が何でも自分の思い通りになると言うことではありませんね。
私たちを創ってくださった神は私たちとの関係を求めておられます。神は私たちが必要なものをご存知ですが、愛と憐れみの手を私たちに差し伸べておられます。私たちが、信仰によって神に叫び求めるとき愛によって応えてくださり、必要なものを与えてくださるのです。困難の道から希望の道へと導いてくださるのです。
すべての状況を変えてくださるのは、神ご自身です。私たちが「やる気があれば何でも出来る」と息巻き状況打破をするのではありません。神は私たちが心の叫びを上げるとき、必ず見ておられ応えてくださるーこれが神の約束です。あなたも創造主なる神の愛によって生きてみませんか。
2014年1月17日(金)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「目には目を、歯には歯を」  この言葉は旧約聖書のレビ記24章20節からの引用です。一般的には、「敵対する相手の武器に対抗して同じように戦いなさい」のように解釈されていますが、まったくの間違いです。これは、聖書の言葉が文脈から離れて一人歩きしてしまった例です。この聖句を全体は次のようです。

「骨折には骨折を、目には目を、歯には歯をもって人に与えたと同じ傷害を受けねばならない。」

ある人に自分の過ちによって怪我を負わせてしまった場合(例えば目に怪我を負わせてしまった)、その過ちを償うために自分も同じような怪我を負わなければならないという意味です。また他の箇所では「命には命を」と書かれています。殺人を犯した人は、自分の命をもってその罪を償わなければならないという警告でもあるのです。聖書には、心に響く言葉、名言がたくさんありますが、正しく理解して実践して初めて生かされると思います。読者の皆さんが聖書を読み続けて充実した日々を送れますように。2014年1月4日(土)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample