マタイの福音書5章5節 解説

「柔和な人々は、幸いである、/その人たちは地を受け継ぐ。」(マタイの福音書5章5節)

上記の聖句は一般論として言われているのでしょうか。柔和な人々とはどんな人を言うのでしょうか。キリストは、神に信仰を持たない人でも柔和な人は祝福を受けると言っているのでしょうか。(実際、柔和な人は他宗教、無宗教の方でもたくさんいますね。)キリストが言っている言葉の意味は、旧約聖書の詩篇37篇に書かれています。新共同訳では37章11節が「 貧しい人は地を継ぎ/豊かな平和に自らをゆだねるであろう。」と訳されていますが、私の意見では「柔和な人」の方が適切に原語の意味を表していると思います。詩篇37篇に説明されている柔和な人とは困難な時でも神に祈れる人です。周りの人間が悪徳をむさぼっていても、忍耐をもって神の名によって善を行われる人を指しているのです。このような人が神の祝福を受けこの地を受け継ぐのです。柔和な人の目は、神の方に向いています。信仰によって悪事に耐えて善を行える人です。悪に対して善によって打ち勝つことが出来る人、このような人こそキリストがいう柔和な人なのです。このような人になって神の祝福を受けましょう。
2014年1月18日(土)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample