マタイの福音書 解説

マタイの福音書は、ユダヤ人クリスチャンに書かれた書ですので、異邦人(ユダヤ人ではない人々)である日本人には不向きかと考えられますが、わたしは逆に日本人の感性に合っているのではないかと思います。特にマタイ5章ー7章にかけての教えは、日本人の心に響くのではないかと思いここに解説をまとめてみます。私自身、この箇所を読んだときの衝撃は今でもハッキリと覚えております。読者の皆様の心にも届くものだと確信しております。徐々に加えていきますので、待っていてください。



聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample