哲学者たちの人生の目的

自分が知っている範囲で、哲学者たちが唱える「人生の意味、人生の目的」をまとめてみました。

プラトン
人生の意味は、知識というかたちで最高のものを得るところにある。その知識とは自分より大きな力として善と良識として宿るようになる。ここからすべての良い行い、価値観が生まれていくる。人は、善を追い求めてなければならないが、哲学なしにはこれを実践することは不可能である。

アリストテレス
人生の意味は、幸福を成就するところにある。

ストア哲学
善は魂そのものに存在していている。特にその善は知恵と自制心によって象徴される。人生の意味は、正しい客観的判断によって苦しみから解放されることにある。徳を高めることも人生の目的の一つとして考えられる。人は、怒り、嫉妬心といった邪悪な考えから解放されるべきである。

プラグマティズム
人生における真理を追い求めるよりも、人生において役に立つ事柄を追い続けるべきである。真理は造られるが、追い求めるものではないと主張する。人生の意味は、その経験を通して学んだ人生の目的と真偽しない。人生の目的、意味は経験を通して発見される。

ヒューマニズム(人間中心主義)
人間の目的は、人間自身によって決められる。人の人格そのものが人の人生の目的である。人は、人格を発達させ成熟させることによって人生の目的を全うする。人間の能力と責任感が倫理的、道徳的な生活に導き、それは全人類にとって良いことでもある。

道教
道教では真理を教えることはなく、各人が道を学び得ることを目的とする。自分の中にしか人生の目的を見つけることは出来ない。

儒教
あまり良く知りません。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample