聖書理解の3つの原則

聖書の矛盾ー間違い?を検証するために聖書理解の3つの原則を知りましょう。聖書の間違いや真偽と指摘される個所は、読者の聖書に対する理解不足のためだと思います。

聖書の歴史観と現代科学の歴史観の違いを理解するコンピュータ

聖書の歴史観と現代科学の歴史観は明らかに違います。私が言う聖書の歴史観とは聖書が数千年前に書かれた時の歴史観を指しています。現代科学の歴史観は直線的に見て年代順と正確さを重視します。事実、自然科学では正確緻密なデータが必要不可欠です。現代科学の歴史観もこのような正確さが要求されるのです。それに対して、聖書の歴史観は、年代順や正確さは現代科学の歴史観ほど大切ではありません。ゆえに現代科学の歴史観から聖書を読みますと、どうしても納得がいかない部分が出てきます。とは言っても私は現代科学の貢献を否定してはいません。むしろ、科学的考察は聖書を学ぶために役立つのです。それを次に説明しましょう。(関連ページ:重複する部分がありますが、聖書と進化論を読まれると私の主張についてわかって頂けると思います。)

聖書が書かれた時の歴史的背景と文化的背景を理解する

虫眼鏡

考古学の分野で発見された文献などを解読する場合、それが書かれた時の歴史的背景と文化的背景を理解する必要があります。聖書は数千年前に書かれた文献ですから、聖書を理解する場合も同様です。学者のような専門知識は必要ありませんが、ある程度の初歩的な知識が必要です。たとえば、聖書が書かれた当時の人たちの主食はパンでした。そのパンにまつわるたとえ話をイエス・キリストがしています。それは聞いていた人たちにとって、身近に感じわかりやすかったからでしょう。このような初歩的または常識で考えてわかるような知識を身に付けましょう。

聖書が書かれた文学的な手法を理解する

羽ペンと文字

聖書は旧約聖書と新約聖書に分かれています。その中に、歴史的な書、詩歌、手紙などの種類の文献が含まれています。ですから、これらを読む場合でも、手紙であれば、誰それに宛てられた手紙だと知って読み、歴史であれば歴史書と読めば、おのずと理解が深まるでしょう。聖書は難しいとか言う人の中には、これらの事を知れば「あー、そうだったのか」という人もたくさんいると思います。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample