聖書の矛盾ー間違い?

わたしが聖書を学び始めた時、聖書には多少真偽している?と思われる箇所があることに気づきました。聖書が言っているからと盲目的に信じるのではなくて、むしろ客観的に吟味・検証する必要性にあるでしょう。

聖書の間違い
、聖書の矛盾、聖書の矛盾ー間違い?は、ネット上で取り上げられています。(一般論的な解説は、聖書への批判が参考になります。)主張している方々たちの主旨はよくわかりますし、納得できる部分もあります。その一方で一部のクリスチャンの方々が、聖書には100%誤りや間違いがないという立場を取っている方もいます。さらに、創造科学という立場から強く反論し論争の様になってしまっている事は残念な事です。

そこで私は反論というよりは、クリスチャンの立場から説明し友好的な話し合いであればいいかなと思っています。読者の皆さんが双方を読み、より深く聖書を理解される事を望む次第です。ここでは旧約聖書から一つ、新約聖書から一つ、2つの例をあげて聖書の間違いや矛盾として指摘される個所について総括して考えてみましょう。聖書に出てくるすべての矛盾と思われる箇所 はカバーできませんこと、お詫びします。補足ーなぜ矛盾と思われる箇所があるのか

聖書の間違いと真偽を論ずる目的と方法論
聖書解釈の3つの原則
創世記1章と2章ー創造の矛盾
キリストの誘惑の矛盾
★旧約聖書における「殺人」をどう解釈するか? かなり難解なトピックですので、準備が必要です。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample