神の国に生きるー誰にでもチャンスはある

聖書は語るー誰にでもあるチャンス

神の救いのチャンスは目に見えるわけでありませんが、私たちの目の前にあります。人間のすべての営みに締切日があるように神の救いにも締切日もありますが、締切日が来る前に神の救いをいただきましょう。今日は、天の御国の秘密を解き明かします。

「天の国は次のようにたとえられる。ある家の主人が、ぶどう園で働く労働者を雇うために、夜明けに出かけて行った。主人は、一日につき一デナリオンの約束で、労働者をぶどう園に送った。 また、九時ごろ行ってみると、何もしないで広場に立っている人々がいたので、『あなたたちもぶどう園に行きなさい。ふさわしい賃金を払ってやろう』と言った。それで、その人たちは出かけて行った。主人は、十二時ごろと三時ごろにまた出て行き、同じようにした。五時ごろにも行ってみると、ほかの人々が立っていたので、『なぜ、何もしないで一日中ここに立っているのか』と尋ねると、彼らは、『だれも雇ってくれないのです』と言った。主人は彼らに、『あなたたちもぶどう園に行きなさい』と言った。夕方になって、ぶどう園の主人は監督に、『労働者たちを呼んで、最後に来た者から始めて、最初に来た者まで順に賃金を払ってやりなさい』と言った。そこで、五時ごろに雇われた人たちが来て、一デナリオンずつ受け取った。 最初に雇われた人たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思っていた。しかし、彼らも一デナリオンずつであった。それで、受け取ると、主人に不平を言った。 『最後に来たこの連中は、一時間しか働きませんでした。まる一日、暑い中を辛抱して働いたわたしたちと、この連中とを同じ扱いにするとは。』 主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あなたはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、わたしの気前のよさをねたむのか。』(マタイ20章1節ー15節)

上記の話のポイントは何でしょうか。朝から晩まで働いた人の給料と1時間しか働かなかった人の給料が同じ!なんてことは現代社会であってはならないですね。しかし、天の国ではこの原則が成り立つのです。生まれた時からクリスチャン家庭で育ち若くしてキリストへの信仰を持ち奉仕している人も、つい最近クリスチャンになった方も、その救いの報酬は同じなのです。今まで犯罪を繰り返し放蕩の限りを尽くした人が、悔い改めて神を信じてキリストの名によってバプテスマを受けてクリスチャンになったとします。この方の祝福と長年クリスチャンとして生きてきた方の祝福は100%同じなのです。不公平でしょうか。次のたとえを聞いてみましょう。

そこで、イエスは次のたとえを話された。「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。そして、見つけたら、喜んでその羊を担いで、家に帰り、友達や近所の人々を呼び集めて、『見失った羊を見つけたので、一緒に喜んでください』と言うであろう。言っておくが、このように、悔い改める一人の罪人については、悔い改める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある。」(ルカ15章3節ー7節)

失われた一人の救いは、創造主なる神には変え難い喜びです。創造主なる神は、私たち一人ひとりを愛しておられます。誰一人として滅びるのを望んでおられません。遅く入ってきた人も早くから入って働いている人も、同じように神の祝福を分かち合うーこれが天の国の秘密です。この救いは、誰にでもどんな極悪人にでも招待状として届いています。今、この記事を読んでいる貴方にも届いています。喜びをもって受け取りましょう。今日も素晴らしい日でありますように。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample