神の国に生きるー貴方の宝物

神の国に生きるー貴方の宝物

貴方がもっとも大切にしているものは何でしょうか。人それぞれ、大切なもの、宝みたいなものをもっています。キリストは、私たちの宝について、次のように言っています。

「あなたがたは地上に富を積んではならない。そこでは、虫が食ったり、さび付いたりするし、また、盗人が忍び込んで盗み出したりする。富は、天に積みなさい。そこでは、虫が食うことも、さび付くこともなく、また、盗人が忍び込むことも盗み出すこともない。 あなたの富のあるところに、あなたの心もあるのだ。」(マタイ6章19節ー21節)


上記の聖句で「富」と訳されていますが、「宝」とも訳されます。実際、「宝」の方がピンときます。私たちが心から大切と思っているところに、私たちの心もあるんですね。これは本当ですね。しかし、実際、その大切なものはどこにあるのでしょうか。

「天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。 また、天の国は次のようにたとえられる。商人が良い真珠を探している。高価な真珠を一つ見つけると、出かけて行って持ち物をすっかり売り払い、それを買う。(マタイ13・44−46)


天の国(神の国)はそんなに大切なもの?当然の疑問ですね。自分が持っている財産をすべて売り払ってまで買うほど大切なものってあるのでしょうか。キリストは「ある」と言っています。実は、この宝物は貴方の心のどこかに長い間あったのですが、忘れていたものです。貴方の脳裏には、この宝物が忘れられた故郷のようにずっとあったのです。神は貴方を呼んでいます。この大事な宝物を自分の心に見出すように、招いています。今、その宝物を見つける、自分の故郷、忘れられた故郷を見つける旅路が始まったのです。

天の国を理解するには、神の裁きを知っておく必要があります。

また、天の国は次のようにたとえられる。網が湖に投げ降ろされ、いろいろな魚を集める。網がいっぱいになると、人々は岸に引き上げ、座って、良いものは器に入れ、悪いものは投げ捨てる。世の終わりにもそうなる。天使たちが来て、正しい人々の中にいる悪い者どもをより分け、燃え盛る炉の中に投げ込むのである。悪い者どもは、そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」(マタイ13章47節ー50節)


天の国が与えられた人たちは、神の裁きを自分の目で見ることになります。神に逆らう悪い人々は地獄に投げ込まれ永遠の苦しみを経験することになるのです。だからこそ、何よりも大切な宝物として天の国を受けましょう。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample