神の国に生きるー新しく生まれる

天の国は何よりも大切なものであると、イエスは言っています。では天の国を頂くためには何を私たちはなすべきでしょうか。どのように神に応えるべきでしょうか。キリストとユダヤ人教師の会話を聞いてみましょう。

アンケートに答えていただければ嬉しいです。ご意見、ご感想などありましたら、ごいっしょにお寄せください。

さて、ファリサイ派に属する、ニコデモという人がいた。ユダヤ人たちの議員であった。ある夜、イエスのもとに来て言った。「ラビ、わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が共におられるのでなければ、あなたのなさるようなしるしを、だれも行うことはできないからです。」

イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。 肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。 『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」

するとニコデモは、「どうして、そんなことがありえましょうか」と言った。 イエスは答えて言われた。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか。はっきり言っておく。わたしたちは知っていることを語り、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れない。わたしが地上のことを話しても信じないとすれば、天上のことを話したところで、どうして信じるだろう。天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。(ヨハネ3章1節ー15節)

天の国(神の国)に入るためには、新しく生まれ変わる必要があります。水と霊とによって新しく生まれるとは、バプテスマ(洗礼)を指しています。しかし、人はバプテスマを受けたからといって「新生」が完成したわけではありません。キリストの弟子、つまりクリスチャンとして歩むのであれば、日々の生活の中で継続的に新しく生まれ変わるのです。キリストの教えを常に心にきざみ、キリストと共に2人3脚で歩いていくのです。悪い習慣をやめて善い習慣を付けていきましょう。このプロセスにおいて、神の力、つまり聖霊によって人は生まれ変わることが出来るのです。貴方も新しい人生をイエス・キリストを信じて歩んでみませんか。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample