地獄

死後、人は悔い改めて誰もが成仏するというふうに仏教では信じられているようです。このような概念から「地獄に仏」のような諺、表現が生まれたのかもしれません。
しかし、聖書は地獄の存在を肯定しています。どのような所か見たことはないのでわかりませんが(見たいところでありません)、人間の魂が苦しむ所であるのは間違いないでしょう。キリストは次のようなたとえを話されています。

「ある金持ちがいた。いつも紫の衣や柔らかい麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。 この金持ちの門前に、ラザロというできものだらけの貧しい人が横たわり、 その食卓から落ちる物で腹を満たしたいものだと思っていた。犬もやって来ては、そのできものをなめた。 やがて、この貧しい人は死んで、天使たちによって宴席にいるアブラハムのすぐそばに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。 そして、金持ちは陰府でさいなまれながら目を上げると、宴席でアブラハムとそのすぐそばにいるラザロとが、はるかかなたに見えた。 そこで、大声で言った。『父アブラハムよ、わたしを憐れんでください。ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの炎の中でもだえ苦しんでいます。』 しかし、アブラハムは言った。『子よ、思い出してみるがよい。お前は生きている間に良いものをもらっていたが、ラザロは反対に悪いものをもらっていた。今は、ここで彼は慰められ、お前はもだえ苦しむのだ。 そればかりか、わたしたちとお前たちの間には大きな淵があって、ここからお前たちの方へ渡ろうとしてもできないし、そこからわたしたちの方に越えて来ることもできない。』 金持ちは言った。『父よ、ではお願いです。わたしの父親の家にラザロを遣わしてください。 わたしには兄弟が五人います。あの者たちまで、こんな苦しい場所に来ることのないように、よく言い聞かせてください。』 しかし、アブラハムは言った。『お前の兄弟たちにはモーセと預言者がいる。彼らに耳を傾けるがよい。』 金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ、もし、死んだ者の中からだれかが兄弟のところに行ってやれば、悔い改めるでしょう。』 アブラハムは言った。『もし、モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう。』」

死後の世界は死んだ人にしかわかりません。しかし、私たちには必ず死がおとずれます。死の後に人生をやり直すことは出来ないのです。地獄に仏はいません。今どのように生きるかによって、死後の命の命運が決まるのです。さて、その死をどのようにわたしたちは迎えるのでしょうか。地獄の存在は事実だとしたらあなたはどのように生きようと思いますか。イエス・キリストの言葉に耳を傾けてみませんか。今日も神の恵みが皆様の上に宿りますように。
2014年3月24日

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample