ヨハネの福音書ー命の泉

「しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」 (ヨハネ4章14節)  

ある日、山に登ったときのこと。そこから出てくる湧き水を恐る恐る飲みました。何と美味しかったことでしょう。毎分、想像を超えるような量で出てくる湧き水、これも実はこれも神の恵みなのです。このような湧き水を遠方よりくみに来る人たちもいるから少々驚きです。それだけ美味しいということです。しかし、この湧き水を飲んでも数時間もすれば喉が渇いてしまいます。人間の心も同じではないでしょうか。人間の心も一時的には満足しても時がすればまた渇いてしまう連続ではないでしょうか。

ところが、イエスは心の底から湧いてくる、決して渇くことがない、命の泉を与えてくださるというのです。人間の体が成長していくために栄養が必要なように、心も栄養を必要をしているのではないでしょうか。ゆえに、人は心の叫びともいえる、心の渇望をおぼえるのでしょう。人には永遠の神を慕い求める心が生まれた時から備わっているのです。しかし、古代から現代まで人は間違った方法で神を求めしまったのです。人間が造った偶像に救いの手を求めたり、または自分自身の力を神のように考えたりしてきたのです。
そんな私たちには朗報です。イエス・キリストを信じる者は心の渇きが満たされるというのです。この泉は読者の皆様が長い間求めてきたものだと思います。人生に空しさを感じたことはないでしょうか。その空しさこそ、心の渇きなのです。イエスは私たちに人生の生き方を教えるだけではありません。喜び、希望、愛を与えてくれます。人生の生きがい、目的も与えてくださるのです。心から主イエス・キリストを信じることをお奨めします。

2014年11月7日(金)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample