ヨハネの福音書ー新しい人生

さて、ファリサイ派に属する、ニコデモという人がいた。ユダヤ人たちの議員であった。 ある夜、イエスのもとに来て言った。「ラビ、わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が共におられるのでなければ、あなたのなさるようなしるしを、だれも行うことはできないからです。」 イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」 ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。 肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。 『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。 風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」 するとニコデモは、「どうして、そんなことがありえましょうか」と言った。 イエスは答えて言われた。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか。 はっきり言っておく。わたしたちは知っていることを語り、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れない。 わたしが地上のことを話しても信じないとすれば、天上のことを話したところで、どうして信じるだろう。 天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。 そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。 それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。(ヨハネ3章1節ー15節)  

ニコデモはユダヤ教の教師であったのですが、その人がある夜、イエスに質問をしたくて来ました。多分、他のユダヤ教教師たちに知られたくなかったのでわざわざ夜を選んで来たのでは?これはわたしの想像です。ニコデモにイエスは彼にとって非常に不思議なことをいいます。「新しく生まれなければ神の国に入ることはできない」これは彼にとっては奇想天外なことでした。ユダヤ教信者はすでに神を信じて神の民として認められているのだから、必然的に(新しく生まれることなどなく)神に国に入ることができると考えていたからです。

しかし、イエスはすべての人間に対してこのメッセージを言っていたのです。旧約聖書を信じていたユダヤ教信者だけでなく、国籍、宗教、肌の色を問わず、すべての人間が聞くべきメッセージとして語りました。 「新しく生まれる」とはもちろん赤ちゃんに戻って新しい命をうけることではありません。生理学的にも不可能です。霊的に神の霊によって新しく生まれるのです。すべての人がもっている血肉の命を新しくするのではなく、霊的な命を神から頂き新しく人生を出発することを指しているのです。今までもっていた世界観(世界や世の中がどのように動いているのか、人間がどのように生きているのか、この地の動植物がどのような役目をしているのか)を捨てて、神の国に自分を置いた世界観によって生きていくのです。この新しい世界観によって、神によって新しく生まれた者は創造主なる神がすべてを支配していることを認め、罪人として神の御前でへりくだるのです。

この時ニコデモはキリストが言っていることを理解していませんでしたが、彼は後にキリストが十字架に付けられた時、その遺体を引き取り墓に葬りました。この行動からもわかるように彼は信仰を持っていたのです。キリストが十字架に付けられ3日目に復活するのをこの目で見て、(おそらくニコデモも)多くの弟子たちが「新しく生まれて神の国に入ること」を理解したと思われます。

新しく生まれるとは肉体改造とか表面的に変わることではありません。心が変わるのです。生き方がキリストによって変えられるのです。あなたはどうでしょうか。神の霊によって新しく生まれませんか。キリストを信じて新しい人生をいっしょに歩みませんか。
2013年12月14日(金)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample