聖書的視点 わたしの日本人論 事なかれ主義

「心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。自分自身を知恵ある者と見るな。主を畏れ、悪を避けよ。」(箴言3章5節ー7節)

問題対処について、聖書は主なる神に頼りなさいと教えています。「どんな困難においても、問題解決の知恵を与えてくださるのだから勇気を持ちなさい。神に信頼しなさいと。」

しかし、日本ではまったく反対のことが教えられます。小さい子供が悪さをおぼえると、「この子も知恵がついた」といわれます。賢い=したたか=悪賢いと解釈されるのです。もし、人が、問題解決が出来ない、あるいは交渉ごとを有利にする賢さ、したたかさ、知恵がなかったならどうでしょうか。日本人は、その問題があたかも存在しないかのようにふるまいます。これを「事なかれ主義」というのでしょう。

「事なかれ主義とは、問題ごとがなくあってほしい主義という意味で、他人との争いごとやもめごとにムダな労働力を注ぐのを避け、平穏無事に過ごすことを第一に考える姿勢のこと。」参照サイト
「紛争を回避し、平穏無事であることをなにより優先する態度。」参照サイト

日本人は、戦後、1945年の終戦以来、この「事なかれ主義」で物事を解決してきました。自衛隊の違憲性には目をつぶってきました。護憲運動の活動家たちも違憲性を承知の上で護憲を叫んでいるのです。(かれらも自衛隊が違憲だといいません。むしろ、自衛隊は必要だと主張するかもしれません。)そのつけが、今、集団的自衛権のような国際的にも非常にややこしい問題としてまわってきているのです。

もやは、事なかれ主義はグローバル化した世界では通用しないとわたしは思います。どんな問題にせよ、問題解決に真正面から取り組む姿勢がなければ、この地に住んでいる人々の将来も危ぶまれるでしょう。今こそ日本人は、自分たちの国民性の長短あわせて理解する必要があるのではないかと思います。

今日も神の恵みに満たされた日でありますように。


2014年5月28日(水)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample