聖書的視点 わたしの日本人論 控えめという美徳

「心の貧しい人々は、幸いである、/天の国はその人たちのものである。
」 (マタイ5章3節)

控えめな態度は、日本では美徳と考えられます。出しゃばらない謙虚な態度が好まれます。それとは裏腹に、「出る杭は打たれる」と言われるように、日本社会では自己主張をする人は、(自分の意見を言っているだけでも)たたかれる場合があります。しかし、控えめな態度は本当に謙虚な心をあらわしているのでしょうか。そうとも限らないのが日本社会です。「見ざる言わざる聞かざる」の諺どおり、控えめであり余計なことを見ない、言わない、聞かないのが日本社会でうまく生きにくための常道手段と考えられています。実際その人が本心では何を考えているかは問題でありません。でもこのような人には、(隠していても)どこかおどおどしてしまう、または自信がない態度が見て取れるものです。常道手段であっても人生の王道ではないのです。

一方、聖書が教える謙虚は、心そのものを指しています。心の貧しい人です。このような方は、自分の愚かさ、自己中心的な考えに心砕かれ自分には何も誇ることがない、また自分自身で自分の心を満たすことが出来ないと正直に言える人です。このような態度は、創造主なる神を信じることから生まれます。かといって、心が卑しくて自己嫌悪になっているわけではありません。むしろ、その逆です。謙虚であっても自信満々です。神が祝してくださると知っているからです。実際にそのような祝福を神から実体験として受けているからです。

あなたはどうでしょうか。本当の謙虚さをキリストから学んでみませんか。人間が本来持つべき謙虚さを身につけてみませんか。裏表のない謙虚さです。自分を自分以上に見せる必要もありません。虚栄心など必要ないのです。

謙虚であっても自分が思っていること、考えていることをハッキリいえる人間になれるのです。出る杭は打たれることも心配する必要はありません。愛と親切心によって接するから、他の人たちもすぐにあなたの謙虚さを理解してくれるでしょう。今日も素晴らしい日でありますように。

2014年6月17日(月)

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample