神の創造と被造物

創造主がいなければ宇宙も地球も私たち人間も存在しません。創造主なる神とはどんな神なのでしょうか。

聖書の初めのことばは、「 初めに、神は天地を創造された。」です。この言葉の傘の下に、聖書の残りの書があるといっても過言ではないでしょう。生ける神は天地万物、自然、そしてもっとも重要な創造のわざとして私たち人間を「神と似せたもの」として、他の被造物とは区別されました。創世記1章

青空やまぶしい太陽を見る時、また夜の星空を見る時、神の力、知恵に驚くほかありません。自然を創造した神は、その自然をも支配しているのです。太陽、月は年月を決めるために造られ、また動植物は私たち人間の食料として造られたのです。

すべては神の権威によって始まり神の力によって終わるのです。真実の神以外、神はいないと聖書は教えています。他に霊的な力はありますが、すべて神の支配化にあるのです。このことについて、疑問をおもちの方がいらっしゃるでしょう。「もし神がすべてを支配しているのであれば、なぜ自然災害などが起こるのか」神がどのように私たち人間と関わっているかは、後のページで書きます。
自然の法則の中で不思議な事を考えてみましょう。それも何と調和のとれた自然なのだろうと驚く事です。 草食動物の牛からなぜあんなおいしいミルクと牛肉が出来るんでしょうか。牛は草だけを食べていればいいのですが、私たち人間は、草だけを食べて生きてはいられません。不思議だと思いませんか。私たちは、ただ神が創造された自然の調和に驚き、神の知恵に驚く以外ないでしょう。
川魚と思われているマスや鮭を考えてみましょう。あのような魚は川で生まれ、そして大人になるために海に出て行きます。そして体を大きくした後、生まれた川にまた戻ってくるのです。誰が教えたわけでもありません。人間が調教したわけでもありません。よく動物たちに様々な調教をして、多種多様な芸をやらせるのを聞きますが、それとこれとはわけが違います。驚くべき自然です。
渡り鳥はどうでしょう。いつどこでどのように習うのか知りませんが、渡り鳥はどちらに飛べば、どの方向に行くか、既に生まれたときから知っているようです。私たちのまわりの自然を見てください。すばらしき神の知恵がそこにあります。神の存在は被造物によって知られています。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample