聖書と自殺

聖書の観点から自殺を考えると・・・・
さて聖書が自殺について何と言っているのか、神様はどう思っているのか、を共に考えてみましょう。聖書には「自殺」に相当する言葉は出てきませんが、自殺の事例が5つあります。ここでの自殺の定義は、「自ら命を絶つ」、「他の人に頼み自分の命を絶ってもらう」、の2つを含みます。

1. 士師記9:50−54 アビメレクの死
2.1サミエル31:1-7 サウロの死
3.2サミエル17:23 アヒトフェルの死
4.1列王記16:15-20 ジムリの死
5.マタイ27:3-5 ユダの死

しかし、聖書はどれについても「自殺は罪である」、または「罪でない」とも明言していません。むしろこれらの聖句の文脈、前後関係を考慮して読んでみますと、「自殺は罪の結果としてもたらせられた」と解釈するのが適当かと私は思います。神様は人間が自分自身の命を絶つことを見て悲しんでいます。神様は人が神様に生きる意義を見出すように望んでおられます。しかし、ある人は愚かにも自分の命を絶つ道を選んでしまいます。

なぜ人は自殺を選ぶのでしょうか。それは人生の焦点がこの世の物にあるからです。イエスは言っています。

「はっきり言っておく。あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからだ。6:27 朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である。父である神が、人の子を認証されたからである。」(ヨハネ6:25-27)

人は何のために働くのでしょうか。お金のためですか。遊ぶためですか。何のために生きるのでしょうか。単にレジャーを楽しむためでしょうか。イエスはこれらのものは消えてなくなってしまうものです、と私たちに言っています。一日にして自分の財産を無くした人は、もし自分の蓄えが人生そのものだ、と考えていたら、絶望して自殺の道を選んでしまいます。自分の思うように仕事がうまくいかないので死のうかと考えた、絶望感を覚える、などの感情や考えは、この世の物に焦点を当てているから浮かんできます。自分の仕事も自分の業績、財産などは、いずれなくなってしまいます。何人の人が、仕事の業績を称えられ覚えられているでしょうか。ましてや人々に覚えれていたとしても、究極的にそこに何の価値があるのでしょうか。有名になるとか、栄誉を受けるとかで人の人生は決まりません。貴方の人生は、神様が貴方を愛しているからこそ、貴重なものなのです。人はいずれなくなってしまう物のために働く空虚な人生を歩むべきではありません。イエスは、その永遠の命に至る食べ物を私たちに与えてくれます。

そこで、彼らが、「主よ、そのパンをいつも私たちにください」と言うと、6:35 イエスは言われた。「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。(ヨハネ6:34-35)

現在、自殺を考えている人、また過去に考えたことがある方は、今一度、イエス・キリストのことばをかみしめて下さい。人生の喜び、意義を必ずイエスはあなたに与えてくれるでしょう。

 

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample