異言

1世紀に教会が始まった時に、神の聖霊によって満たされたキリストの使徒たちは異言を話しました(使徒行伝2章)。この記述によれば、使徒たちは、彼らが本来話せない外国語を周囲にいる人たちが理解できるように話しました。この奇跡は、ヨエルの預言の成就でした。
キリスト教の一部の教派は異言を賜物として非常に重要視します。クリスチャンになった後、その人が異言を話すと、それは聖霊のバプテスマ(洗礼)を受けた証であると主張しています。またこの教派では、人間が話す実際に言葉ではなく、霊的な解釈を必要とする霊的な言語であると言っています。