安息日

旧い契約の時代、神がイスラエルに与えた休息の日に関する律法(六日間働き七日目は休む律法)。十戒の第四のことば。
1世紀のユダヤ人たちは、安息日を守ることが神の民の象徴としてとらえ、神の御心を考えずに自分たちで考え出した安息日を守る基準を作り出した。イエス・キリストは彼らの態度、考え方を戒めた。