聖書

聖書は、全人類にとって創造主なる神の御心を示す神様の御言葉です。またクリスチャンにとっては次の言葉が当てはまります。「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。」(2テモテ3章16節ー17節)
もう少し詳しくは聖書の霊的な意味を参照。