神の契約

悔い改めてイエスの死と復活に預かるバプテスマを受けた者は、罪の赦しと聖霊を神の賜物として受けた、と前のページで書きました。 バプテスマは、言わば神と礼拝者が契約を交わす結婚式のようなものです。人はイエスを主と信じ、救い主として信じて、イエスの名によってバプテスマを受けるのです。 神がこれを認めてその人と契約を結ぶのです。その契約の証印が聖霊なのです(エペソ1:13)。

2:42 そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。(使徒行伝2章42節)

これらのユダヤ人たちは、42節で述べられているように、 クリスチャンとして3つの重要なことを行なっていました。(1)使徒たちの教え(つまりイエスの教え)を忠実に守ることです。 教会の人々は、イエスに忠実に従う人々です。主の契約に預かる人は神の教えを学び、日々その教えに従って生きていきます。 (2)神に祈ることです。天地万物を創造した神がすべてを支配していることを信じ、その神の栄光が輝き、神の教えが教会内で実践され、またより多くの人々が神を知るように祈るのです。 (3)パンを裂くとは、主の晩餐を受けることを指しています。主の晩餐はバプテスマと同様に非常に重要なので、しっかりと理解しておきましょう。 主の晩餐はイエスによって制定されました。(ルカ22章14節ー20節を読みます。)

ぶどうイエスの死を覚え、イエスの復活を覚える機会が、主の晩餐によって与えられています。 クリスチャンは、主の晩餐のパンを受ける時、教会をイエスのからだ(この概念は次に説明します)として覚え、教会内での人間関係を吟味します。また、晩餐のぶどうの実のジュースを飲む時、 クリスチャンは神の救いの業と慈悲を思い起こし、神との契約を新たなる心を持って受けます。

そして、主の晩餐は主イエス・キリストが復活された週の初めの日(日曜日)に、主の復活を覚えてクリスチャンが受けられるものです。 このように、教会とは罪ある者が悔い改め、イエスの名によるバプテスマをうけて神の子供とされる人々の集まりです。 そして、聖霊で満たされたクリスチャンたちが、神を唯一の神とあがめ、神の国民とされた人たちの集まりが教会です。そこには神の御国、神の支配、神の権威があるのです。 神の権威がなければ、教会自体に権威はありません。ですから、人間によって作られた伝統や規則などはない、人々の集まりが教会なのです。 もし規則、決まりがあるとすれば、神が制定したものだけです。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample