キリストのからだ

「キリストのからだとは、教会のことです」(コロサイ1:25) とありますように、教会はからだにたとえられます。では教会の姿を次の聖句を読んで考えてみましょう。1コリント12章14節ー22節を読みます。この聖句は人間のからだにたとえて教会の姿を言い表しています。つまり、教会員のひとりひとりが重要な器官の役目を果たしており、どんなに小さな役目であっても、教会には必要な役目なのです。 世の中では、偉い人や重要なポストに就いている人を重視します。しかし、「それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです」 と書かれてあるように、教会においては重要でないと思われる人こそ必要なのです。 そして、キリストのからだは、キリストにあって、同じ考え方、同じ心の持ち方、同じ態度を持っているのです。 さらに、重要な事は「もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです」 と書かれているように、苦しみと喜びを分かち合う人々の集まりだという事です。これは、イエス自身によって次の様に教えられました。ヨハネ13章34節ー35節を読みます。イエスの愛が教会の人々の中に宿ります。 それゆえにクリスチャンはイエスが愛したように愛しなさいという命令を受けるのです。 お互いに愛するとは、お互いに「深い同情心、慈愛、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着け、互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合い、主が赦してくださったように、赦しあう」ことです(コロサイ3:12−13)。

神を愛し隣人を愛す人々としての教会

先に愛については既に触れました。しかし、神の愛、隣人愛は教会の特質として欠かすことが出来ません。 そこで、もう一度愛について考えてみましょう。教会の人々は、神を愛し、隣人を愛す人々です。 イエスは何が一番大切かと質問された時に次の様に答えました。マルコ12章28節ー31節を読みます。一番大切なことは、神を愛し、自分自身のように隣人を愛すことです。 愛といいますとロマンチックな愛を考えがちですが、愛すために人は神から与えられているすべてを尽くすことを求められます。 つまり、心(純真な思いや願い)、思い(感情や感覚)、知性(理論的な考え)、力(理知的な力と意志や肉体的な力)を尽くして愛します。 神の教えを理解し、心からその教えに従うことです。時には、理知的な力と意志や肉体的な力も必要でしょう。 さらに、「人は自分自身のように隣人を愛すべきだ」とイエスは言います。 このことは自分自身も愛すことを裏付けています。これは、自分中心的な愛ではありません。 むしろ、自分自身への愛は、神によって創造された確信と、神によって愛されているという確信からくるものです。 同じ理由で、神によって創造された隣人を愛します。

聖書ーキリストは人生を変える サイト内検索 グーグル

Designed by CSS.Design Sample